2021年8月22日日曜日

所在ー游芸

 ◎展覧会情報


佐賀に新しくできたアートスペース「kenakian」のオープニング展に参加しています。
新作は、3月に書いた論文「卓上の絵画、線の振幅」の制作への跳躍です。



Opening Exhibition 所在ー游芸
阿部浩之 近藤恵介 土屋貴哉 柳健司
2021年8月7日(土)〜29日(日)
13:00〜18:00 Close:月、火、水
kenakian

*ご来場の際には、マスクの着用、手指の消毒、連絡先の記入にご協力ください。


この夏 佐賀市内に、現代美術のためのプロジェクトスペースがオープンします。柳健司氏が運営するこのスペースは、国内外からアーティストを招き 現代社会の様々な事象にアプローチしてゆきます。新型コロナウイルス感染症拡大を受けオープンが見送られてきましたが、このたび芸術文化を発信する意義とあらためて向き合うなかでオープニング企画展「所在ー游芸」が開催されることになりました。佐賀に移り住んでまもない美術家4人が作品を展示します。いまだ収束のみえない状況下でのご案内となりますが、ご覧いただけましたら幸いです。






2021年6月25日金曜日

「ことばの学校」フライヤー

◎装画

佐々木敦さんが主任講師を務める「ことばの学校」(映画美学校の新しいコース)のフライヤーのために絵を描きました。デザインは戸塚泰雄さん(nu)です。

キックオフイベントや募集ガイダンスもあるようです。

詳細・参加方法など





2021年6月23日水曜日

論文「卓上の絵画、線の振幅」

◎論文


「卓上の絵画、線の振幅」という「日本画」の線に関する論文を書きました。2017年から継続している「卓上の絵画」の一環です。

バタバタと書いたので、もう少し詰めようとは思うのですが、日本画の線について、こんな書き方をした人はいないんじゃないかな、と。

院展の三作家(小林古径、安田靫彦、前田青邨)の協働からつくられた「決定的した一本(の線)」を主題にして、見えないものを見えないままにいかに描くのかについて。

こちらからダウンロードできます↓

「卓上の絵画、線の振幅」


2021年4月18日日曜日

『ことばと vol.3』

 ◎雑誌装画・挿絵


佐々木敦さんが編集長を務める文芸ムック『ことばと vol.3』(書肆侃侃房)、デザイナーの戸塚泰雄(nu)さんと造本しています。装画・挿絵を描きました。

特集は「ことばと音楽」。

vol.1、vol.2と号を経るごとに大胆に展開しています。

それと、制作中に12年(くらい)前にCDのために制作したアートワークのことを思い出しました。


雑誌詳細(書肆侃侃房 webサイト)




2020年12月2日水曜日

『ことばと vol.2』

 ◎雑誌装画・挿絵


佐々木敦さんが編集長を務める文芸ムック『ことばと vol.2』(書肆侃侃房)、創刊号に続き、デザイナーの戸塚泰雄(nu)さんと造本しています。装画・挿絵を描いています。

特集は「ことばと演劇」。前号よりも太いです。

戸塚さんとはこれまでも印刷物の仕事をいろいろとしてきましたが、今回はひとつの到達があったように思います。


雑誌詳細(書肆侃侃房 webサイト)





2020年10月1日木曜日

現代詩手帖

 ◎雑誌装画


9/28発売の雑誌『現代詩手帖』の表紙に線を提供しています、というか描いています。
裏表紙にも線があるので、繋がるし、ぜひ買って線を描きくわえてみてください。
特集は「追悼特集・岡井隆」。
デザインは戸塚泰雄(nu)さん。

2020年9月11日金曜日

「紙について②」近藤恵介(画家)×森大志郎(デザイナー)×冨井大裕(美術家)

 ◎トークイベント(オンライン)


オンゴーイング・スタジオ ~Art Center Ongoingのインターネット放送~
『紙について②』
ゲスト:近藤恵介(画家)×森大志郎(デザイナー)×冨井大裕(美術家)
配信日時:2020年9月12日(土)、13日(日)
料金:500円

https://note.com/a_c_ongoing/n/n0c78c6e3ba7f