2022年11月11日金曜日

『ことばと vol.06』

◎雑誌装画・挿絵



文芸ムック『ことばと vol.06』発売中です。特集は「ことばと戦争」。
今回は、これまで『ことばと』のために制作した紙片をひっくり返してガレキとして扱いました。
ページ数はこれまでで最大のボリュームです。
デザイン・戸塚泰雄(nu)さん、装画/挿絵・近藤恵介です。


『なnD 9』

◎寄稿

年に一度発行されているリトルプレス『なnD 9』に「10月の台風、9月の台風」という短い文章を寄せています。作品を同時にいくつもつくることと、移動すること。

表紙は冨井大裕さん。柴原聡子さん(ロケチリ!)の原稿も素晴らしいです。


詳細はこちら↓

800円+税 文庫サイズ 96頁 2022年10月20日発売

https://nununununu.net/info/202209231175

2022年11月9日水曜日

個展「絵画の手と手」

 ◎展覧会情報(個展)

[個展のお知らせ]

10/28(金)より、代官山のLOKO Galleryにて個展「絵画の手と手」を開催します。
前回の個展が2020年で、それ以来のろのろと考えていたことが、ここ2、3ヶ月の間に一気に展覧会になったようなイメージです。

今回の展覧会の前提になっているのは2021年に書いた論文「卓上の絵画、線の振幅」で(pdfでダウンロードできます)、なので、かなり「日本画」が意識されています。展覧会のメインのイメージになっている作品は小林古径《瓶》(昭和29)の模写なのですが、古径や安田靫彦や前田青邨あたりが試みたことを別の方法で、あの手この手で展開できないかなと。そして、彼らの仕事をちゃんと引き継いでいる人は実はいないんじゃないかとも思っています。
ということで、会期中にはイベントとして勉強会「絵画に手をのばす、遅く話す」をします。石川卓磨さん(美術家・批評家)と佐藤美子さん(川崎市市民ミュージアム)とお話しします。

まだまだ設営中で制作中ですが、新しい絵画のあり方を見せることができるような気がしています。

詳細は以下に
↓↓↓
近藤恵介 個展「絵画の手と手」10月28日 [金] - 11月27日 [日]

◯ オープニングレセプション|10月28日(金) 17:30-19:30[予約不要]

◯ 近藤恵介 勉強会「絵画に手をのばす、遅く話す」|11月3日(木) 祝日 14:30-16:30[事前予約制]
近藤恵介 個展「絵画の手と手」に合わせ勉強会「絵画に手をのばす、遅く話す」を開催いたします。事前予約制となりますので、下記予約フォームよりお申し込みいただきご参加ください。

▼お申込はこちら

ゲスト | 石川卓磨(美術家・美術批評家)・佐藤美子(川崎市市民ミュージアム 学芸室長)
日時  | 11月3日(木) 祝日 14:30-16:30
会場  | LOKO GALLERY 地下1階 (東京都渋谷区鶯谷町12-6)
参加費 | 1,000円 (ドリンク+お菓子 付)

2022年6月18日土曜日

『マインドフル・カップル』

 ◎単行本装画

ロビン・D・ウォルザー、ダラー・ウェストラップ・著『マインドフル・カップル』(金剛出版)の装幀周りにドローイングを提供しています。カバーを外すと、表紙の黄色とインクの薄いブルーの関係がきれいです。ブックデザインは戸塚泰雄(nu)さん。6/21発売。


2022年6月3日金曜日

「ことばの学校」フライヤー


◎アートワーク



昨年に引き続き、佐々木敦さんが主任講師を務める「ことばの学校」第二期基礎科(映画美学校の新しいコース)のフライヤーのために新作を提供しました。ひとときの絵画です。
デザインは戸塚泰雄さん(nu)。

詳細・参加方法はコチラ


2022年5月26日木曜日

『翻訳のスキャンダル』

 ◎単行本装画

『翻訳のスンダ──差異の倫理にむけて』(フィルムアート社)の装幀に2016年の作品《私とその状況(絵の旅)》を提供しています。装幀は戸塚泰雄(nu)さんです。

『翻訳のスンダ──差異の倫理にむけて』

  • ローレンス・ヴェヌティ=著|秋草俊一郎・柳田麻里 =訳

    • 出版社:フィルムアート社
  • 発売日:2022年05月26日
  • 本体:2,600+税
  • 詳細



『ことばと vol.05』

 ◎雑誌装幀・挿絵

文芸ムック『ことばと vol.05』発売中です。特集は「ことばとわたし」。
今回は佐賀大学の学生に手伝ってもらい(ありがとう!)、一時的な絵画を記録しました。中のページでは、表紙とは違う、別のコンポジションをいくつも。
制作中は「わたし」を「渡し」に読み替えたりしながら、作りました。
デザイン・戸塚泰雄(nu)さん、装画/挿絵・近藤恵介です。