2017年8月8日火曜日

近藤恵介の「卓上の絵画」


 2017年8月より計4回のシリーズ展を開催します。



近藤恵介の「卓上の絵画」

画家・近藤恵介が2017年8月より計4回のシリーズ展にて、新作を発表します

会期:
秋 2017年8月18日(金)ー26日(土) 
冬 2018年1月(予定)
春 2018年4月(予定) 冨井大裕との共作
夏 2018年7月(予定)
*詳細なスケジュールなどは「卓上の絵画」のウェブサイトにてお知らせします

トークイベント:
近藤恵介×八柳サエ(横浜美術館主任学芸員/主任司書)
8月23日(水)18時ー19時半 参加費無料

オープニングレセプション:
8月23日(水)19時半ー 

会場:
MA2 Gallery
12:00-19:00 Closed on sun, mon & national holiday
渋谷区恵比寿3-3-8 03-3444-1133 ma2@ma2gallery.com

企画:近藤恵介 
リーフレットデザイン:戸塚泰雄(nu)

*旧所沢市立第2学校給食センター で開催の「引込線 2017」(8月26日-9月24日)でも「卓上の絵画」シリーズを発表します



近藤恵介の「卓上の絵画」

 描くことを重ねて、周辺をキョロキョロと見回して、そうしている間に描いた紙が風に飛ばされて、物干し竿にひっかかって、横にあった洗濯物といい具合に隣り合って、ハッとして、でもすぐにその奥の景色の方に目がいってしまって、作品のことをふと忘れてしまうようなあり方。

 12ヶ月間(2013年9月〜2014年8月)毎月新作を発表し続けたプロジェクト「12ヶ月のための絵画」がまず最初にある。これは、日々描いている絵を、描き継いでいる絵を、その時間の流れのなかでそのまま見せたいという思いから始まった。12ヶ月の期間にそれほど意味をもたせていたわけではないが、日本画の主題である「月次絵ーつきなみえ」に倣いそう決めた。12ヶ月間の経緯があって、最後にはすべての作品を並べた展覧会と本になった。

 「卓上の絵画」という言葉は、明治〜昭和の画家・鏑木清方の提唱した「卓上芸術」からとっている。清方の言う「卓上芸術」はその名の示すように卓上に置いて、手に取りながら楽しむ芸術のことを指す。画帖、巻子、口絵や挿絵などが作例だが、画集のようなマルチプルの刊行物も含む。このようなことを唱え出した背景には、当時の画家の作品発表の重立った舞台となっていた官展などの「会場芸術」に対する反動もあっただろうことが随筆などを読むとうかがえる。出自が新聞の挿絵画家であったことも関係しているだろう。
 「卓上芸術」の前段階に1919年頃から描き継がれた絵日記がある。発表するためではなく、個人の楽しみとして描かれたもの。時期ごとに冊子にまとめられて、それぞれにタイトルが付されている。連作であるので、絵と添えられた文章を読みながらページを繰ると、時間のうつろいが感じられると共に、清方の視線の流れが自分のものと重なってくる。

 ひとまず「卓上の絵画」とはしてみたものの、できてくる作品は卓上だけに乗るわけではないと思う。壁に寄りかかったり、うっかりどこかに引っかかるかもしれない。形式のことだけではなくて、どちらかというと、連作のように、日記的に、さほど大きくなく(見るものを威圧しないように、そしてなるべく機敏でいられるように)、というような部分を主に引き継ぐことになると思う。見ること、描くこと、そのことから生じる絵と絵と絵と絵と……その間、それらのことを横断しながら、常に動いているような状態で。
 それと、ぼくは普段の制作のときは、机の上に紙を平置きして描いているので、その意味でも、卓上(で描かれた)絵画、を先のことはあまり決めずに描き継ぐ。

 期間は「12ヶ月のための絵画」を引き継いで1年間で、その内訳は計4回の展示で構成される。ひとつの季節に、ひと繋がりの作品群。それぞれの展示期間はまちまちだが、そんなに長くはない。会場は恵比寿にあるMA2ギャラリーの1階部分を主に使う予定だ。
 3回目の展示は、彫刻家の冨井大裕さんとの共作になる。これは2010年に開催した展覧会「あっけない絵画、明快な彫刻」(ギャラリー・カウンタック清澄)以来、2度目。

 最後に、今手にしているこのリーフレットは折りのある仕様になっていて、開いて置くと衝立屏風のようになる。このドローイングの線が印刷されているマルチプルを最初の作品として卓上に立てることから、まずは始めてみようと思う。

近藤恵介

「ダンダンダン。タンタンタン。 近藤恵介・古川日出男」展 記録写真

2016年8-9開催の2人展「ダンダンダン。タンタンタン。 近藤恵介・古川日出男」の記録写真です。

展覧会データ:
ダンダンダン。タンタンタン。 近藤恵介・古川日出男 

会期|2016年8月11日(木・祝)-9月3日(土) 
会場|LOKO GALLERY

展示風景



 
 作品画像(撮影:柳場大)














2017年5月23日火曜日

疾駆

◎雑誌掲載

発売中の雑誌「疾駆 8号」(YKG publishing)の「アーティストの皿」という見出しのコーナーに登場しています。
粥を食べながら、制作のことなどを話した楽しい夜でした。
凝った装幀と併せてご覧ください。


■ 雑誌:136ページ
■ 出版社: YKG publishing
■ 言語: 日本語
■ ISBN-13: 978-4-907966-10-2
■ 発売日:2017年4月20日
■ 価格:本体1,600円+税
■ 寸法: 20.4 x 13.2 x 1.9 cm


2017年4月5日水曜日

なnD 5|3月東京

◎雑誌掲載

彫刻家の冨井大裕さんとの対談が掲載されています。
冨井さんの「スケッチ」展の会場でした対話です。



なnD 5|3月東京
2017年4月5日発売 152頁 文庫サイズ 700円+税



2017年3月26日日曜日

パンの人 仕事と人生

◎単行本装画など

3月24日発売の本『パンの人 仕事と人生』(フィルムアート社)の装幀周り(カバー、帯、表紙、本扉など)に7点の絵を寄せています。いろいろな画材と方法で描いたパンが重なります。
デザインは戸塚泰雄さん(nu)です。これまでも展覧会の印刷物や作品集などをお願いしているのですが、その経緯なども下敷きにしつつ、やり取りを重ねて、静かにラディカルなこの形になりました。書店に並ぶとどのようにみえるでしょうか。
帯の細密画と、カバーのくるくると引いたペンの線画が隣り合う、これがやりたかった


・ 

『 パンの人 仕事と人生』

フィルムアート社=編
発売日:2017年03月24日
定価:1,600円+税

本の内容など、詳細はコチラ



2017年2月16日木曜日

ドローイングの線を何本も引くように話してみる


今週末18日(金)にマツモトアートセンターで「ドローイングの線を何本も引くように話してみる」というトークをします。
自作を中心に、ドローイングをするような気持ちで2時間ほど話します。
トークに向けてのテキストも書きました。




art cafe vol.62「ドローイングの線を何本も引くように話してみる」

日時:2月17日(金)19:00 - 21:00
会費:¥500(ドリンクつき)
場所:マツモトアートセンター 1階 Eアトリエ
電話での申し込み:0263-33-5511 


マツモトアートセンター



アーティストトークなどで人前で自作について話す場合、いろいろな方法があるのですが、やはり時々の会場の雰囲気や自分自身のコンディションなどもあって、そのときにしか話すことができないものになることが多いように思います。
今描いているもの、これから描くもの、これまでに描いてきたもの、その他にも様々なインプットがあって、常に散らかった周りの状態をどのように話すことができるのか。


今回は美術家の冨井大裕さんに紹介いただいて話をする機会を得たのですが、冨井さんは昨年12月に同じマツモトアートセンターでトークをしていて、そのwebサイト内のトーク主旨の一文に「話すことをつくることとして。」とありました。これしかないですよね!と強く同意をしつつ、場を引き継ぎ、その「つくること」の続きを描くように、そして散逸した自分の状態を、ドローイングの線を何本も引くように話してみようと思います。その線はぼくが引いたものだったり、他人(あるいは冨井さん)が引いた線の引用だったり、あるいは1000年前に引かれた線を参考にするかもしれません。ちょうど先週描き終えたのは《源氏物語絵巻 東屋一》の模写をベースにした作品でした。

近藤恵介(2017.1.27)