2020年3月25日水曜日

卓上の絵画(三度目の春)

◎展覧会情報

3月17日より個展「卓上の絵画(三度目の春)」を開催しています。「卓上の絵画」は、2017年から連続展の形式でさまざまな場所での展示や文章で作品を発表してきましたが、ひとまずの着地です。
ギャラリーの1階はすべて新作、2階はこれまでの紙片を卓上に並べながら新しい接続の方法を探りました。

作成物として、これまでに「卓上〜」に関してぼくが書いた文章、野口玲一さん(三菱一号館美術館)による論考、新作の絵、で構成される印刷物をつくり、配布しています。デザインは戸塚泰雄(nu)さん。

また、トークイベントも予定しています。昨年10月の台風19号による大雨で収蔵庫が水没した川崎市市民ミュージアムには、ぼくの作品も収蔵されています。学芸員の佐藤美子さん、市民ミュージアムで2人展をした冨井大裕さんを招いて、作品の被災から、いま生きている作家としてどのように考えることができるか、を話し合います。



卓上の絵画(三度目の春)
2020年3月17日(火)〜4月4日(土)
MA2ギャラリー

2017年秋にスタートした「近藤恵介の「卓上の絵画」」、美しく春夏秋冬のうちに企画をおさめようとしたが、絵はヒラヒラと飛ばされて、もう三度目の春——ひとまず足元に散らばった紙片を集めてみる。(近藤恵介)

トークイベント
あっけない絵画、だったのか?
—作品の被災から「卓上の絵画」を考える
佐藤美子(川崎市市民ミュージアム学芸員)×冨井大裕(美術家)×近藤恵介
3月28日(土)19時〜
*新型コロナウィルスの影響で中止となりました

作成物
絵と文 —「卓上の絵画」のための資料
論考:野口玲一(三菱一号館美術館)
テキスト:近藤恵介
デザイン:戸塚泰雄(nu)
*無料配布