2018年6月9日土曜日

新潮(2018年7月号)

◎寄稿

文芸誌『新潮』(2018年7月号)に寄稿しています。「卓上の絵画、画家の随筆」というタイトルで、昨年の8月から続けている連続展「卓上の絵画」を軸にして、画家の書く文章について触れながら、ドローイングとしてのエッセイを試みました。

2018年6月2日土曜日

フルカワヒデオ、戯曲を読む! 第四回「三島由紀夫『サド侯爵夫人』を読む!」

◎出演情報

小説家・古川日出男さんの朗読イベント、「フルカワヒデオ、戯曲を読む!」の第四回「三島由紀夫『サド侯爵夫人』を読む!」に画家の立場で出演します。
 6/30(土)18時から、三鷹SCOOLにて!



フルカワヒデオ、戯曲を読む!

第四回「三島由紀夫『サド侯爵夫人』を読む!」

 
出演:
古川日出男(小説家/the coffee group)
北村恵(女優/ワワフラミンゴ)
近藤恵介(画家/the coffee group)
河合宏樹(映画監督/PoolSideNagaya)

土屋光(店主/SCOOL/HEADZ)

日程:6月30日(土)18:00開演
料金:予約2,500円 当日3,000円(+1ドリンクオーダー)
会場:SCOOL(三鷹)

予約や詳細はこちら


既存の「朗読」から、他に類を見ない凝りに凝った一度限りの「上演」へと、もはや完全に離陸した古川日出男さん、いや「劇団フルカワヒデオ(仮)」の「戯曲を読む!」第四回は、第二回で『近代能楽集』を取り上げた三島由紀夫の『サド侯爵夫人』です。
第三回(アルベール・カミュ『カリギュラ』)のアフタートークですでに題名は挙げられていましたが、劇作家ミシマの最高傑作である『サド侯爵夫人』にフルカワはどう挑むのか?
本公演を経て、古川さんはオリジナルの新作戯曲の執筆へと向かうそうです。
過去回以上に、何が起こるかわからない「事件」としての朗読劇、ご期待ください!